スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USDJPY レートの節目 順張りエントリーの有効性

ScreenClip_20150810123641495.png
 前回は節目での逆張りエントリーの有効性を検証しました。
 ( →USDJPY レートの節目逆張りエントリーの有効性 )
今回は順張りでエントリーしたときの有効性を検証してみました。

期間は2010.1.1-2015.8.8、通貨はUSDJPYで
 1、過去5日以内にエントリーラインを割れた(抜けた)ことがない
 2、レートが節目から任意のpipsを超えたとき
にエントリーし

節目から何pips抜けでエントリーするか( 0, 10, 20, 30pips)
利食いのpipsを変更(エントリーから 10, 20, 30, 40, 50pips)
ロスカットレートの変更(エントリーから 10, 20, 30, 40, 50pips)

のすべての組み合わせを検証しました。


 みにくいですが、左のテーブルがバックテストの結果です。
スプレッドは1.3pipsに設定してテストしました。
一番左がテストした結果のプロフィットファクター、[ 1.0以下が青、1.0-1.1が薄黄、1.1以上で薄橙 ]

各パラメーターは値の大きさによって色分けしてあります。

左から2番目が抜けたと判定するPoint(Pips*10)
3番目がストップロスPoint(pips*10)
4番目が利益確定のPoint(pips*10)

ストップロスが20pips以下のものではわずかに利の出た状態でテストを終わっているものもありました。
節目抜け判定は20pips以下でないと利になるものがありませんでした。
節目抜け20pips以下のレートでのエントリーでは、早めの損切りには優位性があるのかもしれません。

とはいっても、100パターンのテストのなかで、86パターンは損失で終わっており、
わずかに利の状態でテスト終了したものに関してもPFは極めて低く、
五分五分のものがたまたま利で終わったと考えるのが自然でしょう。

1分足データでのテストなのでスキャルピングでの可能性は不明ですが、
単純に節目抜けで数十pipsの利益をねらうのは難しそうです。

_____________________________________________

ランキングの応援よろしくお願いします。>>「人気ブログランキングへ

///
ご質問や不具合、要望がございましたら、コメントまたはツイッターDMにてお願いいたします。
ツイッター: Mぶい
スポンサーサイト
プロフィール

Mkeii JAPAN

Author:Mkeii JAPAN
FX歴7年 株式投資16年です。少し前からMT4のインジやEAを自前で製作。よろしくお願いします。
ツイッター: Mけい

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。